サウジアラビアイラスト

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

受験生の方 在学生の方 保護者の方 卒業生の方 企業・研究者の方 地域・一般の方 資料請求 アクセス  簡体中文 English 資料請求 大学案内 大学案内 TOP 大学概要 キャンパスマップ アクセスマップ 広報 理事長・学長からのメッセージ 理念と目的 沿革 情報公開 基本情報 シンボルマーク 校歌 教員公募 タウンガイド 大学組織図 附属施設 お知らせ 調達・契約について 施設等の貸出 学部・大学院 学部・大学院 TOP 学部 環境科学部 工学部 人間文化学部 人間看護学部 大学院 環境科学研究科 工学研究科 人間文化学研究科 人間看護学研究科 教育情報 3つの方針 全学共通教育 地域教育プログラム 国際交流・留学情報 単位互換制度 シラバス 履修の手引 時間割 入試情報 入試情報 TOP 入試情報 新着情報一覧 学部入試案内 オープンキャンパス 研究生・研修員募集案内 入試過去問題(学部) 受験に関する問い合わせ 入学手続き関係 大学院入試案内 受験生Q&A 科目等履修生募集案内 入試統計 高大連携 キャンパスライフ キャンパスライフ TOP 学生生活相談・学生相談室・障がい学生支援室 学年暦 授業料および減免制度 奨学金制度 下宿について アルバイトについて 福利厚生施設 健康管理 クラブ&サークル ハラスメント相談 表彰制度 後援会 同窓会(湖風会) 防災 図書館の利用別ウィンドウで開く 就職情報 就職情報 TOP 就職セミナー キャリアデザイン室 求人情報 学部別卒業予定者数 卒業生・修了生の進路状況 問い合わせ インターンシップ 就職支援 出身地別卒業予定者数 卒業研究・修士論文テーマ 研究・産学連携 研究・産学連携 TOP 公募情報 受託研究・共同研究・学術指導 研究シーズ集 研究倫理教育(学内用)別ウィンドウで開く 知的財産 研究シーズのSDGsマッピング 研究論文・紀要・年報の公表(学内用)別ウィンドウで開く 産学連携センター 研究者総覧別ウィンドウで開く 研究支援制度・研究申請 滋賀県立大学発ベンチャー制度 地域ひと・モノ・未来情報研究センター 地域交流・生涯学習 地域交流・生涯学習 TOP 公開講座・公開講義・学部セミナー 交流センター 自治体等との連携協力に関する協定の締結 地域共生センター 滋賀県立大学 × SDGs Action 滋賀県立大学地域連携ハンドブック別ウィンドウで開く 受験生の方 在学生の方 保護者の方 卒業生の方 企業・研究者の方 地域・一般の方 県大ポータルUSPo別ウィンドウで開く 簡体中文 | English ホーム 学部・大学院 人間看護学部・大学院 人間看護学部 人間看護学部 環境科学部 環境科学部の人材養成目的と3つの方針 環境生態学科 環境政策・計画学科 環境建築デザイン学科 生物資源管理学科 卒業研究テーマ 卒業生の進路状況 研究業績一覧 研究者情報 教員公募 環境フィールドワーク 附属施設 工学部 工学部の人材養成目的と3つの方針 材料化学科 機械システム工学科 電子システム工学科 付属実習工場 ガラス工学研究センター 県大Techサロン 卒業研究テーマ 卒業生の進路状況 研究業績一覧 研究者情報 教員公募 工学部報 人間文化学部 人間文化学部の人材養成目的と3つの方針 地域文化学科 生活デザイン学科 生活栄養学科 人間関係学科 国際コミュニケーション学科 卒業研究テーマ 卒業生の進路状況 研究報告『人間文化』 研究者情報 教員公募 人間看護学部 人間看護学部の人材養成目的と3つの方針 人間看護学科 人間看護学部ホームページ 地域交流看護実践研究センターホームページ 卒業研究テーマ 卒業生の進路状況 人間看護研究(紀要)一覧 研究者情報 教員公募 環境科学研究科 環境動態学専攻の人材養成目的と3つの方針 環境計画学専攻の人材養成目的と3つの方針 博士前期課程 博士後期課程 修了生の研究テーマ 修了生の進路状況 工学研究科 材料科学専攻の人材養成目的と3つの方針 機械システム工学専攻の人材養成目的と3つの方針 電子システム工学専攻の人材養成目的と3つの方針 先端工学専攻の人材養成目的と3つの方針 博士前期課程 博士後期課程 修了生の研究テーマ 修了生の進路状況 人間文化学研究科 地域文化学専攻の人材養成目的と3つの方針 生活文化学専攻の人材養成目的と3つの方針 博士前期課程 博士後期課程 修了生の研究テーマ 修了生の進路状況 人間看護学研究科 人間看護学研究科の人材養成目的と3つの方針 修了生の進路状況 大学院を目指す方へ 修了生の研究テーマ 教育情報 3つの方針 全学共通教育 地域教育プログラム 講義概要(シラバス) 履修の手引 学年暦 時間割 教育情報の公表 単位互換制度 国際交流・留学情報 卒業証明書・成績証明書等の交付申請について 人間看護学部 3つの方針 入学者受入・教育課程・学位授与 人間看護学科 人間看護学部ホームページ 地域交流看護実践研究センターホームページ 卒業研究テーマ 卒業生の進路状況 人間看護研究(紀要)一覧 研究者情報 教員公募 人が人として生きていくことを支える看護の探求 高齢化の進展や医療技術の高度化、健康や福祉へのニーズの多様化など、社会環境の変化に対応し、生涯を通して健康で安心して生活できる地域社会の実現に向けて、高い資質を備えた看護職の養成が求められています。 看護とは、人々が社会や環境との相互作用の中で健康の維持・増進、回復(あるいは人間らしい尊厳死)に向けた自らのニーズに対する援助活動です。視点を個人のレベルから家族、地域社会へと広げ、いわば「人が人として生きていくことをめざし、その生き方を支える看護の在り方」を特に「人間看護」と捉えています。看護職には、生活者の権利を尊重し、個人の自立をめざすセルフケアを追求し、個人を取り巻くあらゆる環境とダイナミックに関連させながら最適な援助の方法を創造する的確な判断力と実践力が求められています。 人間看護学部では、すべてのライフステージにある「生活者としての人間」についての総合理解の基盤に立って、対象者の感じ方や習慣、考え方、価値観などを的確に把握し、その人自らがめざすQOL(生活の質)の確保に向けてケアができる看護のスペシャリストを養成することをめざしています。 人間看護学部 人間看護学科 地域交流看護実践研究センター 学部の特色 ポイント1 看護のスペシャリストの養成 ポイント2 編入制度でキャリアアップの場の提供 ポイント3 幅広い活動への可能性と高い就職率 トピックス TOPICS1 4つの講座で構成されています 1.基礎看護学講座 人間看護学の基盤となる理論や方法を追求する講座です。専門基礎領域と基礎看護領域からなります。 (1)専門基礎領域 看護学を学ぶために必要な知識(体の仕組みと機能、健康科学、病気の成り立ちと治療、薬理・薬物、心理など)を学びます。 (2)基礎看護学領域 看護の基盤となる人間理解、問題解決能力を養い、人々の健康問題を具体的にサポートしていくための基礎的知識や技術を学びます。 2.成育看護学講座 人間の成長発達に重点をおき、次世代を育んでいく人々や、成長していく子どもの発達過程に応じた看護のあり方を追求する講座です。母性看護領域と小児看護領域からなります。 (1)母性看護学領域 リプロダクティブ・ヘルス/ライツの観点から、すべてのライフステージに ある女性とその家族を中心とした人々を対象に、より高い健康レベルで生活 が営めるように支援するための基礎的知識や技術を学びます。 (2)小児看護学領域 子どもとその家族に対し、子どもの最善の利益を考えた看護について学びます。 3.成熟看護学講座 人間として成熟した段階にある成人・老年期を対象に、人間を包括的連続的に捉え、あらゆる健康状態に対応する看護の在り方を追求する講座です。成人看護領域と老年看護領域からなります。 (1)成人看護学領域 健康問題を抱えながら生きる「成人」に対する看護について、また終末期にある人とその家族への看護について学びます。 (2)老年看護学領域 高齢者がこれまで獲得してきた力と強さを再吟味し、生活の質が維持向上できるための支援方法に取り組んでいます。 4.環境看護学講座 人と人、人と社会といった人間と環境との関係を中心に、全ての年代を対象に様々な地域・場で健康問題に関わる看護のあり方や、人間のこころ(精神)に関わる看護を追求する講座です。公衆衛生看護領域・在宅看護領域と精神看護領域からなります。 (1)公衆衛生看護学領域 地域で生活するあらゆるライフステージの人々を対象とします。それらの人々が健康を保持・増進し、安心して生活できることを目指し、「地域社会に働きかけていく看護」を実践するための知識と技術を学びます。 (2)在宅看護学領域 人々が生活する地域・場の中で行われる在宅看護の知識や技術について学びます。 (3)精神看護学領域 精神看護領域では、精神疾患・障がいをもつ対象への看護にくわえて、あらゆる状況にある対象への精神的支 援や、こころの健康維持・増進に向けた支援の方法について幅広く学びます。また、看護者自身のこころの健 康・ストレス対処等についても学習します。 TOPICS2 保健・医療・福祉のスペシャリストして多くの活動の道が開かれています TOPICS3 3年次への編入学制度があります (1) 看護学探究コースでは、人間性を重視した視点から看護の概念や理論をさらに深く学び、人が人として生きることを目指す看護学を探究します。 (2) 保健師課程履修コー スでは、公衆衛生看護の担い手となる保健師の国家試験受験資格を得ることができます。 いずれのコースでも、多面的な視野に立って健康問題を解決できる看護職となることを目指します。また、教職課程を履修すると養護教諭の一種免許を取得することができます。 定員枠: 10名(社会人特別選抜の若干名を含む)。うち、看護学探究コース2~3名程度、保健師課程履修コース5名程度。 対象: 看護系短期大学・看護系専修学校の卒業生(見込みを含む) ※ 保健師課程履修コースで教職課程を履修する場合、履修期間が3年に及ぶこともあります。 ※ 助産師課程履修コースについては、2017年度編入学生から募集を停止しました。 2019年度より、大学院助産師育成コースを設置しています。 TOPICS4 必要な科目を履修すれば、保健師の国家試験を受験する資格が得られます。 ただし選抜制で、定員は保健師課程が30名(編入学生を含む)です。 滋賀県立大学 〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500    TEL 0749-28-8200    FAX 0749-28-8470 Instagram別ウィンドウで開く Facebook別ウィンドウで開く 大学案内 学部・大学院 入試情報 キャンパスライフ 就職情報 研究・産学連携 地域交流・生涯学習 サイトポリシー 情報公開 サイトマップ お問い合わせ アクセシビリティ方針 プライバシーポリシー Copyright© The University of Shiga Prefecture, All rights reserved. トップに戻る

ホットニュース

【リリベット】カジノ初心者が一番最初に使いたくなるカジノ Stakeで当てよう! ギャンブル還元率 カジノジャックポット当たった
Copyright ©サウジアラビアイラスト The Paper All rights reserved.