kvメヘレン対kaaヘントスタメン

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

患者の皆様へ 患者の皆様へ 患者の皆様へ TOPへ 受診する フロア案内 循環器病について知る 入院・お見舞いについて 臨床研究・治験について 身体障がい者補助犬の受入について 診断書・証明書などの発行について かかりつけ医検索 お知らせ 各種相談窓口について 院内掲示に係る項目について 閉じる 国循について 国循について 国循について TOPへ 理事長からのご挨拶 交通案内・近隣の宿泊施設 時間外出入り口のご案内 センター概要 センター概要 TOPへ 理念と基本方針 沿革 役員名簿・組織図 情報公開・公表事項 閉じる 医療人の育成 医療人の育成 医療人の育成 TOPへ 研究開発能力強化法に基づく人材活用等に関する方針ご案内 Office for the Promotion of Diversity and Inclusion / ダイバーシティ人材育成推進室について レジデント・専門修練医・専攻医研修プログラムについて レジデント・専門修練医・専攻医研修プログラムについて TOPへ 国循のご紹介 教育研修部の取り組み(レジデント・アウォード等) 先輩紹介 各部門のカリキュラム 採用の流れ 看護部教育制度のご案内 研修会(2週間)のご案内 リサーチフェローについて レジデント・デー(アーカイブ) 連携大学院制度のご案内 教育に関するQ&A 福利厚生 図書館のご案内 研修者・客員研究員 閉じる 循環器病の研究推進 循環器病の研究推進 循環器病の研究推進 TOPへ 研究成果(業績年報) 共同研究等推進に関する制度 共同研究等推進に関する制度 TOPへ 産学官連携ポリシー及び知的財産ポリシーについて 企業等からの外部研究資金受入制度について 国立循環器病研究センター発ベンチャーについて 共同研究部設置について 寄付研究部設置について ジョイントリサーチプロジェクト 実施中の臨床研究 産学連携の取り組み 研究ガバナンス・コンプライアンス 研究ガバナンス・コンプライアンス TOPへ 研究倫理審査委員会 臨床研究審査委員会(CRB) 治験審査委員会 特定認定再生医療等委員会 特定臨床研究監査委員会 研究活動に関する行動規範 公的研究費の適正管理に関する取り組みについて 公正な研究活動の推進に関する取り組みについて 公的研究費の使用に関するルールについて 閉じる 広報活動 広報活動 広報活動 TOPへ プレスリリース 広報誌 パンフレット プレスセミナー ニュースレター メディア掲載情報 取材と撮影について SNS公認アカウント一覧 閉じる ご寄付のお願い ご寄付のお願い ご寄付のお願い TOPへ 国循ハートフル基金への寄付について 寄付の受け入れについて 国循クラウドファンディングについて 遺贈によるご寄付について 移転建替整備事業へのご協力のお願いについて 国立循環器病研究センター大阪府北部地震復興支援にかかる寄付について 閉じる 医療関係者の皆様へ 医療関係者の皆様へ 医療機関ご利用の患者・ご家族の方へ 医療関係者の皆様 TOPへ 患者さんを紹介いただく手順について(専門医療連携室) 医療連携・連携医登録について 地域連携パスについて 各種教育入院の概要 各部門の診療・活動内容 公開講座のご案内 後期研修・専門教育のご案内 受託研究の依頼について(治験・その他) 薬剤部から保険薬局の皆様へ 職員募集情報 お知らせ 閉じる 国立循環器病研究センター 病院 研究所 OIC オープンイノベーションセンター 実施中の臨床研究 職員募集 調達情報 交通案内 サイトマップ 背景色 白 黒 ENGLISH 交通案内 メニュー 国立循環器病研究センター TOP 広報活動 プレスリリース 脳出血超急性期患者の血圧推移の特徴と臨床転帰 :  研究者主導国際試験ATACH-2の副次解析 広報活動 脳出血超急性期患者の血圧推移の特徴と臨床転帰 :  研究者主導国際試験ATACH-2の副次解析 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:大津欣也、略称:国循)の田中寛大脳血管内科医師、古賀政利脳血管内科部長、豊田一則副院長らが海外研究者と共同で行ったAntihypertensive Treatment of Acute Cerebral Hemorrhage (ATACH)-2試験(ClinicalTrials.gov NCT01176565; UMIN000006526)に基づく副次解析が、Stroke誌オンライン版に、令和4年4月11日に掲載されました。■背景脳出血は、我が国の脳卒中全体の約2割を占める重大な国民病であり、有効な治療法の確立が待たれる疾患の一つです。効果が期待される治療法として、発症早期の積極的降圧療法が挙げられます。国循の研究チームは、海外研究者らとともに、研究者主導国際共同試験ATACH-2を実施しました。ATACH-2では、急性期の積極的な降圧が脳出血の臨床転帰を改善するかを調べるため、発症から4時間半以内の脳出血患者1000例を積極降圧群(収縮期血圧110〜139 mmHg)と標準降圧群(140〜179 mmHg)に1:1の割合で無作為に割り付け、24時間、目標血圧範囲を維持しました。試験の主要評価項目である3か月後の死亡または高度機能障害の割合(modified Rankin Scale(注1)4–6に相当)は、両群とも約38%で有意差を認めませんでした。この成果はNew England Journal of Medicine誌(2016;375:1033-1043)に掲載されました。ATACH-2試験全体では、脳出血患者における積極降圧療法の有用性は示されませんでしたが、実際の臨床では脳出血患者の降圧療法に対する反応は一様ではありません。ある患者は降圧療法によく反応する一方で、降圧療法への反応が悪く高用量の降圧薬を必要とする患者もいます。ATACH-2のデータで血圧推移の特徴を客観的に分類し、観察することができれば、最適な目標血圧範囲の決定に貢献できると考えました。■研究手法と成果ATACH-2の脳出血超急性期の血圧推移の特徴を再現性よく分類するために、group-based trajectory modeling(GBTM)と呼ばれる手法を用いました。GBTMは似ている軌道の一群を識別して分類する手法であり、心理学や犯罪学での発達軌道の研究に応用されてきました。今回は、このGBTMを脳出血急性期の血圧推移の特徴を識別・分類するために応用しました(図1)。GBTMの結果、収縮期血圧の推移について4つの特徴的なグループが分類されました。1: 収縮期血圧:中(298例、積極降圧群の占める割合11.1%)2: 収縮期血圧:中→低(395例、積極降圧群の占める割合88.6%)3: 収縮期血圧:高→低(134例、積極降圧群の占める割合85.1%)4: 収縮期血圧:高(173例、積極降圧群の占める割合1.7%)この4つのグループのうち、収縮期血圧が>210 mmHgから<140 mmHgまで低下する(血圧の低下幅が大きい)グループ3(収縮期血圧:高→低のグループ)では、収縮期血圧が180 mmHg程度から<140 mmHgまで低下するグループ2(収縮期血圧:中→低のグループ)と比べて、死亡または高度機能障害(オッズ比2.29、95%信頼区間1.24–4.26)、急性腎障害(オッズ比3.50、95%信頼区間1.83–6.69)、腎臓系の有害事象(オッズ比2.84、95%信頼区間1.22–6.62)、心血管系の有害事象(オッズ比2.26、95%信頼区間1.10–4.64)のリスクが有意に上昇していました。収縮期血圧が180 mmHg程度から150–160 mmHgへ低下するグループ1(収縮期血圧:中のグループ)、200 mmHg程度から160–170 mmHgへ低下するグループ4(収集期血圧:高のグループ)では、これらのリスクの有意な上昇がありませんでした。グループ3(収縮期血圧:高→低のグループ)の85.1%が積極降圧群にランダム化されていましたが、このグループでは、他の3つのグループと比べて、降圧薬の使用量が最も多く、また、使用された降圧薬の種類が最も多いという特徴がありました。グループ3(収縮期血圧:高→低のグループ)には降圧薬が効きづらい重症高血圧例が多く含まれていた可能性が示唆されます。■今後の展望と課題ATACH-2では積極降圧群と標準降圧群の2群へとランダム化されましたが、GBTMの結果、収縮期血圧の推移について4つの特徴的なグループが分類されました。その中に、目標血圧範囲を達成するために高用量の降圧薬、複数の高圧薬で治療された重症の高血圧患者群が存在し、この患者群では死亡または高度機能障害、心腎合併症のリスクが高いことが示唆されました。脳出血患者の高血圧の重症度に合わせて、目標血圧範囲を最適化する必要性があると考えられます。〈注釈〉(注1)脳卒中患者の自立度の尺度のこと。0(無症状)~6(死亡)の7段階評価となっており、4~6は、要介護状態を示す。■発表論文情報著者:Kanta Tanaka, MD, PhD; Masatoshi Koga, MD, PhD; Mayumi Fukuda-Doi, MD, MPH, PhD; Adnan I. Qureshi, MD, PhD; Haruko Yamamoto, MD, PhD; Kaori Miwa, MD, PhD; Masafumi Ihara, MD, PhD; Kazunori Toyoda, MD, PhD題名:Temporal trajectory of systolic blood pressure and outcomes in acute intracerebral hemorrhage: ATACH-2 trial cohort掲載誌:Stroke■謝辞ATACH-2試験はNIHの神経疾患・脳卒中部局であるNational Institute of Neurological Disorders and Strokeからの研究助成費(U01-NS062091、U01-NS061861)によって、運営されました。国内での試験遂行の一部は、国循循環器病研究開発費(H23-4-3、H28-4-1)により支援されました。本副次解析の遂行にあたりAMED(21lk0201094h0003)による支援をいただきました。図1. 今回の研究の概要最終更新日:2022年04月12日 国立循環器病研究センター 国循について 医療人の育成 循環器病の研究推進 広報活動 ご寄付のお願い 病院 病院について 診療科・部門 看護部 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究所 研究所について 各部の紹介 研究所紹介PDF フロアマップ OICオープンイノベーションセンター オープンイノベーションセンター(OIC)について サイエンスカフェについて (法人番号3120905003033) 〒564-8565 大阪府吹田市岸部新町6番1号 TEL:0570-012-545 調達情報 国循 市民公開講座 情報公開・公表事項 職員募集サイト 個人情報の取り扱いについて 実施中の臨床研究 交通案内 このサイトの利用について プライバシーポリシー サイトに関するお問い合わせ 関連リンク Copyright © National Cerebral and Cardiovascular Center All rights reserved. 設定メニュー 文字サイズ 標準 大きく 背景色 白 黒 日本語 English

188BETの登録方法 |当サイト限定・最大5000円ボーナスあり オンカジ還元率 必勝オンラインカジノ ボンズカジノ「Bons casino」のレビュー
Copyright ©kvメヘレン対kaaヘントスタメン The Paper All rights reserved.